THAI-KOUJYO.COM タイ工場ドットコム
タイ工場ドットコム:貸し工場、倉庫、工業用地購入、中古工場売却、購入に関してのタイの工場・不動産データベース

アマタシティ・チョンブリ工業団地

Amata City, Chonburi Industrial Estate

工業団地 - 概要

アマタシティ・チョンブリ工業団地

総面積2万5千ライ(1200万坪)の広大な敷地に広がるタイでNo.1とも言える大規模工業団地。多くの有名日系企業が進出しており、訪問を受ける時などにアマタ・チョンブリ(アマタナコーン)と言えばすぐに分かる地名の認知度が魅力。また、入居企業数は600社以上で、内日系企業の入居が多く2019年5月現在約66%が日系企業で、2位16%のタイ企業の入居率を上回る程。バンコクから1時間前後での通勤アクセス圏。バンコクと東部を結ぶ主要幹線道路として整備済のバンナートラッド・ハイウェイとモーターウェーの2つの高速道路が利用可能である。
また、この工業団地の目玉として、ファシリティの充実が挙げられる。日本食レストランや、ショッピングセンター、銀行、病院、そして、ゴルフ場まであり、幅広い施設が完備されており非常に便利。IEATとの提携開発となる民間工業団地なのでアマタのセールスオフィスなどが入居するアマタサービスセンタービルにはIEATの事務所なども完備されている。今後顧客を新規開拓を考えて進出する企業には、立地を活かした営業にも好都合。レムチャバン深海港にも近く、自動車関係の企業が多く進出しているイースタンシーボード地域へも近い。

アマタサミット社(アマタグループ)とフレーザー社のレンタル工場も数多く有り、土地の購入も、レンタル工場でのスタートも可能。大田区のオオタ・テクノパークと言う中小企業誘致に特化したミニ・レンタル・ファクトリーあり。

2018年1月18日に、団地名変更を行い「アマタナコーン工業団地」から、「アマタシティ・チョンブリ工業団地」となりました。

主要入居企業(敬称略)

デンソー (自動車部品)、ブリジストン(タイヤ)、ダイキン(業務用エアコン)、旭硝子(自動車用ガラス)、SONY(オーディオ)、サイアム・トヨタ (自動車用エンジン)、三菱電機(電気機器)、花王 、サイアム・クボタ・トラクター 、カルソニック・カンセイ(自動車部品)、バンコク・コマツ 、アポロ(出光興産)、日野自動車(自動車)、ジャトコ(変速機)、三菱重工業 、NIPPONペイント 、サイアム・日立 、ロッテ 、豊田合成(自動車部品)、CBC(3D造形、金型など)、セイシン(アルミ部品)、ワールド工業(シャッター)、サイアム・キトー(クレーン、ホイスト)、タイ シルベック(めっき、硬質アルマイト)、E&H(金属精密切削加工)、カナックYMP(ガス窒化処理)、下平電気(ワイヤーハーネス)、サイアムNDK(精密切削加工)

物件リストを検索

空き情報をネットで検索。 各アイコンをクリックすると一覧情報が出ます。 Click icon below to search for available list in this I.E. คลิกไอคอนด้านล่างเพื่อค้นหารายการอสังหาริมทรัพย์ที่อยู่ในนิคมนี้
 
 
最終更新日 || 2022年10月18日
 

工業団地の画像

アマタのゲートアマタ内のゴルフ場
アマタ内の道路
アマタの運営会社オフィス  
 

工業団地 4Kドローン空撮動画

ロケーション

チョンブリ
ゾーン区分
工業地域(紫)

距離

バンコク中心部 (アソーク駅から)
距離 : 57 km.
バンコク・スワンナプーム国際空港から
距離 : 42 km.
レームチャバン港から
距離 : 46 km.
マプタプット港から
距離 : 96 km.
チョンブリー市内
距離 : 5 km.

工業団地概要

IEAT工業団地
IEATと共同開発の工業団地
IEATオフィスあり
IEAT とは、工業団地公社(Industrial Estate Authority of Thailand)の略で、団地公社法などに寄る恩典や事務手続きのワンストップセンターが利用できる。
工業団地内のフリー・ゾーン(保税区)の設置の有無
フリー・ゾーン(保税区)あり
Free Zone(フリーゾーン) とは、関税法上、保税扱いのエリア。以前の輸出加工区 (EPZ)で課されていた国内販売の制約である一定比率の輸出義務はなく、全てをタイ国内販売とすることも可能なエリア。

販売・賃貸区分

工業用地
売り物件(貸し出しはしない)
※ 1Baht (バーツ)=約3.82円、1円=約0.262Baht (バーツ) ( バンコク銀行レート:2023年1月4日現在 )

工業団地管理費

工場・倉庫
ゼネラル・ゾーン : 1,200 バーツ / ライ / 月
フリー・ゾーン : 1,400 バーツ / ライ / 月
工業用地
ゼネラル・ゾーン : 1,200 バーツ / ライ / 月
フリー・ゾーン : 1,400 バーツ / ライ / 月

賃貸基本条件

販売基本条件

契約条件
購入の流れ

購入希望の場合、LOI(Letter of intent)を提出後、30~60日程度の検討期間物件をブロック出来る。
(通常、その間にBOIを申請したり、銀行に相談を行う)
1.そして、土地代金の90%の支払いと共に契約書に調印
2.土地局にて所有権移転登記を行うと共に、残金の支払いを行う。

インフラ設備

電気

● PEA(地方電力公社)より
PEA(Provincial Electricity Authority:地方電力公社)より22KV供給線にて供給

標準割当量:30KVA/ライ

超過料金:上記の標準割当量を超えた受電設備を導入した場合、インフラ開発負担金として、超過分1KVAに付き1,500Bが徴収される。

水道供給

あり

天然ガス供給設備

あり
Amata Natural Gas Distribution Co., Ltd.より供給
※使用量や立地によって一部エリアにて可能、要相談。

工業団地内下水処理場

あり
全体の廃水処理能力は15,000㎥/日。
(活性汚泥式の処理場あり)

個別企業の排水量は供給量に対しての80%として廃水処理費用を計算

電話

あり
ブランド : TOT
タイ国営電電公社(TOT)より回線を供給。
標準割当量3回線/10ライ
価格はTOTの料金設定による。
(1電話回線を追加の場合、3万 Baht /ライン)
※ 電話設置代は、オフィスビル内の電話回線の設置・引き込み費用。電話会社への初回設定費用は別途必要。
※ Available Brand means service provider brand that already have connection point in this building. There're may have another brands, please check that service provider's coverage area.
※ TOT=タイの電電公社、True=第2電電(民間業者)

インターネット

インターネットは、光通信ケーブルによる供給、専用線などは別業者との契約が必要。
※ 電話設置代は、オフィスビル内の電話回線の設置・引き込み費用。電話会社への初回設定費用は別途必要。
※ Available Brand means service provider brand that already have connection point in this building. There're may have another brands, please check that service provider's coverage area.
※ TOT=タイの電電公社、True=第2電電(民間業者)

工業団地管理のエリア内

あり

工業団地の消火設備

● 消火栓
道路沿いに250メートル間隔で消火栓を設置。

工業団地内道路

幹線道路は幅員48m(6車線)、補助幹線道路は幅員32m(4車線)

その他インフラ設備

ワンストップサービスセンター(OSOS):タイ工業団地公社本部およびアマタシティ・チョンブリ工業団地事務所にある。

施設・設備一覧

銀行

【アマタセールスオフィスの向かい】
●サイアムコマーシャル銀行
●バンコク銀行
●ガシコーン銀行
●CIMB銀行
●GH 銀行 (Government Housing Bank)

【プラスモール内】
●バンコク銀行
●ガシコーン銀行
●サイアムコマーシャル銀行
●クルンタイ銀行
●クルンシー銀行

病院

●ウイッパーラーム病院(アマタナコーン工業団地 分院)
バンナー側のアマタゲート入口:アマタセールスオフィスの向かいにあり。

ガソリンスタンド

【ガソリンスタンド】
●PT(バンナー側のアマタゲート入口)
●PURE(フェーズ4の入り口)

【自動車修理】
●コクピット(プラスモール入り口にあり)

レストラン

【日本食】
●『日本亭』日本人向けアパート施設内、ゴルフ場の隣
●『やよい軒』プラスモール内
●『Fuji』プラスモール内
●『一休亭』フェーズ4エッソガソリンスタンド横
●『北海道スープカレー パクパク(PAC2)』フェーズ4エッソガソリンスタンド横
●『居酒屋たまご』
●『東海 ジャパニーズ レストラン』
●『ニコニコ亭』


【インターナショナル フード】
●『Diciotto Italian Restaurant』アマタスプリングゴルフ場クラブハウス
●『El Nino International Restaurant』アマタスプリングゴルフ場クラブハウス

【ファストフード】
●『KFC』フェーズ4エッソガソリンスタンド横、プラスモール内の2箇所
●『マクドナルド』バンナー側のゲート入口、プラスモール内

コンビニ

●『セブンイレブン』
3店舗:バンナー側のアマタゲート入口、エビスモール付近、フェーズ4のお寺の近く
●『ファミリーマート』
PUREガソリンスタンド内

ショッピングセンター

●『プラスモール(ロータス)』
タイの大型のショッピングセンター。中に、日本食フジレストランや、シャブシ・ブッフェ、吉野家、マクドナルド、KFCなどの飲食店をはじめとして、映画館、銀行、食品・日用品、スーパーや、化粧品、雑貨、書店、靴店など幅広く扱っている。

その他工場内付帯設備

●TGI(タイ・ドイツ技術専門学校)
●TOT(タイの電電公社)

施設等の画像

TOT (Telecommunications company) Customer Service Center Siam Commercial Bank (SCB) inside Amata PlazaVarious Bank inside Amata Plaza (Kasikorn Bank, GHB, UOB, Bangkok Bank, etc.)
Forefront Service Center (Government Service Center)Family Mart inside gasoline stationBangkok Bank inside Plus Mall
Siam Commercial Bank (SCB) inside Plus MallFuji Japanese Restaurant inside Plus MallKrungthai Bank inside Plus Mall
Kasikorn Bank inside Plus Mall  
 

地図・マスタープラン・他

Direction map by Amata
Direction map by Amata
Map by Thai-Koujyo.com
 
※ また、掲載情報の一部または全部を問わず、いかなる情報、写真、動画、図面、地図の複製や、2次利用等をお断りしております。 弊社の許可なく行っている場合には、顧問弁護士から法的な措置を取らせて頂いております。(写真等には、著作権追跡コードが埋め込まれております)
Thai-koujyo Line Offical
ピントン6工業団地
banner APG
アジア クリーン チョンブリ工業団地
CPGC(シーピージーシー)工業団地
LK-RICH
プレカサ工業団地
パクセー・ジャパン
4Kドローン
4Kドローン
タイ工場進出五輪書
タイ工業団地マップ
タイ工場進出よくある質問と回答